<< 2017年10月 >>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

記事カテゴリー

2015-09-04 15:13:13
ハンブルグのビートルズ
いまだに世界中で大人気の「ザ・ビートルズ」
先日、彼らが初めてレコード会社と交わした契約書が
オークションに出て話題となりました。

その契約書の相手は、イギリスではなく、なんとドイツの会社でした。
ビートルズが売れない時代に修業したのは、ドイツだったそうです。

ポール自身も「ひどいバンドだった」と語る初期のビートルズは、
なかなか仕事にありつけませんでした。

そんな彼らが、なんとか仕事をもらえたのは
ドイツのハンブルグにあるクラブだったそうです。

言葉の通じない外国のしがないクラブでの演奏。
そこでの経験が、ビートルズの実力をパワーアップさせたことは
間違いありません。

そして、ドイツのレコード会社と初契約。
ドイツではあまり売れませんでしたが、
そのことがきっかけとなり、
ビートルズはイギリスで活動、その後はトントン拍子で世界的なグループになりました。

ポールはのちにこう語っています。

「はじめハンブルグのクラブで演奏を行った時は、誰もお客がいなかった。
ようやく1組の男女が入ってきたが、すぐに帰ろうとした。
だから、ぼくらは呼びかけて、必死に楽しませるようにがんばったんだ。」

こういった経験が、オーディエンスの心をつかみ
ファンを大切にする、ビートルズの基礎になったのではないでしょうか。

ここには2つの学びがあります。

1、あのビートルズでも最初は下手だった
2、全世界に向けてではなく目の前の1組のカップルに必死になった

最初は誰もがハンブルグのビートルズです。
上手くできなくても、評価されなくても
目の前の一人のために、一所懸命にやれることを探しましょう。

その積み重ねが、明日のビートルズになるのです。

ビジネスマン