<< 2017年12月 >>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

記事カテゴリー

2015-08-28 14:52:41
道具を大切にするのは美談ではない?!
世界的に有名な野球選手である、イチロー選手。
彼の残した数々のエピソードの一つに
「道具を大事にする」というものがあります。

グローブやスパイク、バットといった道具の手入れは、
メーカーやトレーナーがやるというイメージがあるかも知れませんが、
イチロー選手は他人に任せず、今でも本人が入念にしているそうです。

これは様々なメディアに美談として取り上げられ、
少年野球のコーチなども、子供に教えているそうです。

でも、これは決して美談ではなく、
仕事直結の当たり前の話であるという事をご存知でしょうか。

160キロにも及ぶ硬球を打つ。
グラウンドを走る。
勢いよく向かってくるボールを捕る。

もちろん手で打つことも、
裸足でプレイすることも、
飛んできたボールを素手で取ることもできません。

野球とは道具がなければ、成立しないスポーツであり、
その良し悪しが成果に影響します。

成績が数字で出るプロ野球の世界。
そしてそれが評価に直結する選手が、
道具を自分の納得ができる状態にしておくのは当たり前のこと。
特別な話だとか、美談とはちょっと違うのです。

ビジネスパーソンの皆さんは、道具に対してどのように考えているでしょうか。

道具を使いやすいように準備しておくことが、
いいことだと思っている人は要注意。

本気で成果を出したいと思っているのなら、
道具を使いやすい状態に準備しておくのは当たり前。
これは特別なことでも、美談でもないのです。

思うように成果が出ない人ほど、
まだまだやれることがたくさんあるのではないでしょうか。

ビジネスマン