前の月 月間アーカイブ:2017年3月  次の月

1/1ページ 

2017-03-28 13:27:14
子どもには、小さいうちから学ぶ習慣をしっかりつけたいもの。そのためには、どのような環境を用意すれば良いのでしょうか。そこで今回は、より子どもが学ぶ習慣をつけやすい部屋作りに焦点を当ててみました。



■「本」がいつでも手に取れる部屋作り
よく言われるように、読書習慣の有無と言語能力の高さには、相関関係があります。本を読む習慣をできる限り早いうちに育むことが大切です。そのために必要なのは、幼いころから本が子どもの視界に自然に入る環境を整えることです。
例えば、リビングや廊下などの一角を使って、子どもの視界に入る高さに本棚を造り付けてみましょう。そうすると、子どもは本を自然に身近に感じるようになるはずです。さらに本を並べるときには、背表紙ではなく表紙が見えるようにすると、子どもの興味を引きつけやすくなります。あえてきれいに本棚に整理せずに、ソファなどにも本を置いておき、子どもがなにげなく手を出せるようにするのも一つの方法です。


■話しかけやすいリビング
放っておかれると、子どもはなかなか勉強する気になりません。親が適切に関わると、学びに対するモチベーションは高まります。とある調査では、学校や塾のノートに親が目を通す子どものほうが、平均勉強時間が長いことが明らかになっているそうです。もちろん勉強時間が長ければ良いということではありませんが、親の関心が子どもの学習意欲を刺激するということは言えるのです。
家事をしながら、母親が子どもの相手をできるようキッチンを開放的なものにし、勉強することを前提とした大きめのダイニングテーブルを設置すれば、わからないところをすぐに聞ける環境が出来上がり、子どもの学習意欲を促してくれます。リビング学習が良いとされているのは、親子のコミュニケーションが取れることが一番の理由です。


■朝活に向く東向きの子ども部屋
中学生くらいになると、時間の使い方に違いが出てきます。夜に勉強するのは当たり前ですが、成績が良い子は朝に勉強する子が多いと言われています。
最近では社会人でも朝活をする人が増えています。朝活が規則正しい生活リズムを作ってくれ、自然と体の調子も良くなる傾向があります。そのキーポイントになるのが、自然に気持ちよく目覚められる環境です。できれば子どもの寝室は東向きで、窓から朝日が入る場所に設置してあげましょう。自然な光による穏やかな目覚めは、脳を活性化し、朝から気分よく勉強できるはずです。

2017-03-25 13:26:44
使用量はいつもと変わらないはずなのに、今回に限って水道料金がやけに高い…。そんなとき、まず疑うべきは“漏水”です。いつどこでも起こり得る漏水で痛い目を見ないためにも「漏水を見つける方法」や「漏水の際の対処法」を知っておけば安心です。



■特に注意するのは「トイレ」
蛇口を閉めているのに水が止まらない、止水栓から水が漏れているなど、すぐに発見できる漏水より問題なのは気がつきにくい微妙な水漏れです。特に発見が遅れがちなのはトイレです。
見つけることが難しく、かつ頻繁に発生しがちなのがトイレタンクからの水漏れです。便器の水たまりを注意深く見ていただいたときに、水面が揺れていたり、便器の前部や後方部から水がちょろちょろと流れていたりしたら要注意。タンクの中には、浮き球がついていて、上にあがると給水をやめて、下がると給水が始まるという仕組みになっています。しかし、浮き球の根元部分にあるパッキンが劣化してゆるくなると、浮き球の上げ下げがうまく機能せず、タンクから給水され続けてしまいます。

■メータを直接チェック
便器を常にチェックし続けるというのも、なかなか面倒ですので、水道メータについている「パイロット」という金属がどのような状態かで確認しましょう。
このパイロットが継続的に回転しているときは水が流れていることを示していますが、家の中で水道を使っていないのにパイロットが回っている場合は、水道メータから蛇口までの間で漏水の可能性があります。
一般的に、マンションやアパートといった集合住宅であれば玄関ドア横の扉の中に、一戸建ての場合は、玄関の近くにメータボックスがあるケースが多いですが、自宅の水道メータがどこにあるのか確認をしておきましょう。

■修理を依頼…の前に
万が一漏水していたら、すぐに業者さんに修理をお願いしたくなります。しかし、地面を掘って調べたり、床下に潜って漏水箇所を探したりする必要があるので、復旧には時間が掛かります。修理会社にお願いすると、調査をしにくるだけでも費用が掛かる場合もあり、即日対応してもらうには費用負担も増えることがほとんどです。
ですから水を使わないときは、まず水道メータの近くにあるバルブを閉めて、水道を一旦遮断することをおすすめします。また、修理を依頼するときは必ず事前に作業内容や費用をよく確認することが大切です。

2017-03-21 13:26:12
最近のマンションはタイルが張られていることが多いです。自分の住んでいるマンションの外壁を眺めた時に、タイルがはがれそうになっているのを発見したらどうすべきか。今回は「タイルの剥がれ」問題について紹介します。



■放っておくのは危険
剥がれというのは見た目に非常に良くない印象を与えるのですが、見た目に悪いだけなら…と放っておくと、さらに剥がれの箇所は広がってきます。やっかいなことに、外壁塗装の剥がれは放っておくとどんどん広がってきて、さらには下の層の塗装も剥がれてくるので注意が必要です。
これは、剥がれが他のところも剥がす力があるということでもあるので、剥がれを一カ所見つけた場合は、他の箇所も剥がれが無いかを確認しておきましょう。

■施工ミスの場合も・・・
家の外壁は降り注ぐ紫外線や雨や風などに毎日さらされており、日々少しずつ劣化をしていきます。剥がれてしまった外壁を見たら、「この外壁は古くて、色がとれており、劣化が激しい」と考えてしまうかもしれませんが、実は、剥がれという劣化現象は、塗装の寿命が来ているわけではなく、施工不良の場合もあります。もちろん、業者の施工がしっかりとしていているのに剥がれてしまう「原因不明の剥がれ」というのも存在するので一概に決めることはできませんが、施工不良というケースもあると覚えておくと良いでしょう。
剥がれというのは塗料と家の外壁がしっかりと密着しておらず、取れてしまった状態を指し、この「しっかりと密着しなかった」というのは、業者が塗装前の下地処理、下塗り塗料の選択ミスなど、何らかのやるべき事をしっかりと行っていなかった可能性もあるのです。

■早めに手を打つ
外壁がきれいな段階で塗装を行えば、工事費用は安くなり、ぼろぼろの古い外壁に塗装を行う場合は下地処理等に人件費、作業費がかかるので工事費用は高くなります。下地の施工不良で剥がれが起こってしまっている外壁はぼろぼろな外壁と同様、手間をかけてすべての施工不良の外壁を剥がし落とす必要があり、そのために多くの手間と作業を必要とします。
次の工事費用まで高くなってしまうというのは防ぐべき事態なので、業者選びは慎重に行いましょう。すでに剥がれが起きてしまっている場合はできるだけ早めに対処することが望ましいでしょう。
とはいえ、マンションの場合は、個人的に工事をするわけではなく、修繕積立費などから行うことになるでしょうから、よりよい業者を探す、早めに手を打つなど他の住人と力を合わせて進めて行けるよう、日頃からコミュニケーションをとっておくことも大事です。

2017-03-18 13:25:26
引越しを考える時、住宅の性能や価格より、まず新しい街でどんな暮らしをしたいかを考えてみませんか?例えば、会社や学校の近く、知り合いの近く、遊び場の近く、今住んでいる場所の近く、実家の近くなどなど。それぞれの場所にどんな暮らしが待っているか想像すると、住まい探しが一段と楽しくなります。



■会社、学校の近くに住む
まず何と言っても通勤・通学に時間がかかりません。朝少しでも長く寝ることができるのは、とても幸せです。仕事で疲れた帰宅時も、家が近ければ会社を出てから30分後にはお風呂に入って、ゆっくりくつろぐことだってできます。子どもの学校が近ければ、部活などで遅くなる際も安心です。
「職住近接」という考え方の通り、職場の近くに住んで時間を有効に使って、ストレスをためない生活は、仕事にもプライベートにも効率的で、心身の健康にも良いというわけです。

■実家の近くに住む
子育て時期と親が高齢になった時期に特にメリットがあります。子育て世代にとっては、親に子育ての悩みをすぐに相談したり、気軽に預けられるのはとても心強いでしょう。共働きの場合には、子どもが急に病気やケガをしたとしても、両親がお迎えや世話をしてくれるので安心。また、親が高齢になっても、すぐに駆けつけられます。一緒に出かけたり、ご飯を食べたりを気軽にできるのも嬉しいところ。
一昔前までは、「夫婦の収入だけでは、とてもじゃないけどマイホーム購入は難しい」「生活していくのが大変」など、経済的な理由で、実家付近や同居を選択する若い世帯が見られました。しかし、近年では「安心して旅行などの遠出ができる」「急病の時に助かる」などの安心感を理由に挙げる方が増えています。

■友人宅の近く、遊び場の近くに住む
なんといっても、気軽に知人に会えて、遊びに行ったりできるのが最大のメリットです。休日はもちろん、平日の夜だって、一緒に晩ご飯を食べにでかけることだってできます。流行りのシェアハウスには少し抵抗がある人も、住まいが別々なら適度にプライベートを保つことが可能で、ほどよい距離感で付き合えるのがおすすめポイントです。
また、遊び場の近くに住んでいれば、友人と遊んだ後すぐに家に帰れます。深夜タクシーや深夜バスの代金はバカになりません。積もり積もって月に何万円もかかってしまったなんてことも。それならマイホーム購入を選択するのに、いつもの遊び場の近くに住むという選択も賢いと言えるでしょう。土日に買い物に行くのだって、近いというだけでちょっと優越感があります。

どこに住むかを考えるということは、どんな暮らしをしたいかということでもあります。この先、何年何十年の暮らしを考えてエリアを選択するという考え方は理にかなっていると言えるのではないでしょうか。

2017-03-14 13:24:46
小さい子どもがいる家庭では、リビングにいつもおもちゃが散乱している状態というのも珍しくありません。片付けても、数分後には子どもがおもちゃを出してきて遊び始めるので諦めがちではありませんか。今回はそんな片付けを捗らせる部屋作りについてです。



■子どもにもわかるように話す
散らからない部屋にするには、まずはいったん片付けしなくてはなりませんが、子どものおもちゃってなかなか片付きませんよね。子どもが片付けないからと言って、親がいつも全部片付けをしてしまっては、子どもはいつまでたっても自分で片付けられるようになりません。
片付けないからといって、ただ頭ごなしに「片付けなさい」では子どもは反発します。「ここにおもちゃを出しておくと、通る時に間違って踏んで壊してしまうかもしれないよ。もう遊べなくなったら悲しいから、お片付けしようね」など、理由を付け加える事が大切です。また、「○時になったら片付けしよう」とあらかじめ時間を伝えてあげることで、子どもにも楽しい時間を切り上げる心の準備させてあげることも有効です。

■片付けやすい部屋作り
まずはおもちゃの量を考えましょう。物の量に対して収納容器が小さすぎると、入らなかったおもちゃは散乱したままになってしまいます。子どもが自分で片付けしやすいように、余裕のある容器を用意してあげましょう。その容器がいっぱいにならないように、使わなくなったおもちゃや古くなった物は人に譲ったり、定期的に処分する事で物があふれることを防ぎます。
また、収納グッズは子どもの目線で選ぶことも大切です。蓋がない箱だと子どもが自分で出し入れしやすいでしょう。本棚も小さいうちは自分で本を取り出すことも、しまうことも難易度が高いため、マガジンラックのように上からストンと入れられるタイプがおすすめです。

■置き場を決める
成長と共に、遊ぶおもちゃも細々としてきます。例えば男の子ならミニカー、プラレール、レゴブロック、女の子はお人形と着せ替え用の洋服、ビーズやジュエリー類など。全部一つの箱に入れてしまっては、使う時も取り出すのに時間がかかってしまいます。
そこで、おもちゃの種類別に収納容器を分け、それぞれにラベルを貼ってあげると片付けがしやすくなります。小さいうちはイラストや写真で、字の勉強を始めるころになったら字でラベルを作れば、小さい子どもでもしっかり片付けできるようになります。
また、置き場所を決める時も、子どもと一緒に決めるようにして自主性を育むようにしましょう。

2017-03-11 13:24:16
マンショントラブルとしてよく挙げられるのが騒音によるトラブルです。新しいマンションであれば、防音を考えて作られていることも多いですが、古いマンションに住んでいる方や、楽器や音楽などによる大きな音を日常的に出す場合、そのマンションが備えている防音性では防ぎきれなくなってしまいます。そんな時は防音工事を検討してみてはいかがでしょうか。



■適切な防音レベルを知る
自分が発生させている音がどの程度聞こえてしまっているかを把握するのは難しいので、知らぬ間に周囲に被害を与えてしまっている場合もあります。そんなつもりはなくても苦情を受けたり、ひどい場合は訴訟にまで発展してしまうケースがあるので注意したいものです。
例えば、ピアノの音は90~100デシベル程度、犬の鳴き声やドラムの音になると100デシベルを越えてしまう場合がありますので、きっちりとした遮音性が必要になってしまいます。そのため、まずは自宅の遮音性を認識した上で、必要に応じた適切な防音工事を行う必要があります。

■上下や隣を意識した防音
防音の基本は間に物質を挟むことです。防音室を作る際には、部屋の中にもう一つの部屋を作るイメージです。左右は浮壁にて壁を2重にする構造を設計し、上下階の方への対応は「防振ゴム」を使うことが多くあります。こうすることにより、音が隣の家にまで届きにくくなり、空気の振動を吸収してくれることで低周波を届きにくくすることができます。
また、床の部分は浮床と言った、部屋の床と防音室の床の間に防振ゴムを挟み込むことによって振動を吸収する方法があります。レコーディングスタジオなどには、この方法で防振ゴムを敷いています。

■工事の前に自分でできること
工事をすれば確実ではありますが、大きな費用がかかるので、まずは自分で簡単にできることを試してみましょう。
・壁に背の高い家具を置く
重さが振動を抑えるため、防音に効果を簡単に得られるのが、壁側に背の高い家具を配置することです。壁に家具の重みがプラスされるため、振動が伝わりにくくなります。
・隙間テープを貼る
ホームセンターや100円ショップなどで販売されているすきまテープ。隙間風を防ぐために使われますが、防音対策としても有効です。密閉度を高めるために壁やドアに貼り付けておけば、防音性能も上がります。
・防音マットを敷く
防音性能を上げることは、自分が快適に暮らすだけではなく、他の人にも快適に過ごしてもらうためにも有効です。特に階下の人は上の階の人の足音や物音が気になりますので、上の階の人はマットを敷くだけでも変わってきます。

2017-03-07 13:23:38
近年は、喫煙できる場所も減り、愛煙家も肩身が狭いと思いますが、純粋に食後の一服などを楽しんでいる人にとっては、家にいる時くらい安心して吸いたいと思うのではないでしょうか。家でタバコを吸う際、住居にどんな影響を与えるか、またどう上手に付き合っていくか考えてみましょう。



■黄ばみとニオイが問題
室内でタバコを吸うことで引き起こす問題は、壁や天井に黄ばみが染み付くことです。また、喫煙者本人には分かりづらいですが、長年吸い続けると染みつく臭いも深刻です。吸わない人にしてみれば、タバコの黄ばみや臭いがある家は住みたくないものです。
例えば、賃貸物件を退去するときには、基本的に入居前と同じ状態にして返却するということが、国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」によって定められています。これを原状回復と呼び、退去時に原状回復できない状態であれば修繕が必要です。室内で喫煙した場合は、天井や壁紙の張り替えが必要になり高額な費用を退去時に支払うケースがあることから考えても、喫煙による住居への影響力は測り知れるでしょう。

■部屋のどこに影響する?
喫煙によってカーペット・クロス・設備機器に汚れや臭いが付いた場合は、普通の掃除をしただけでは取れないこともあり、天井・壁のクロス張替えをするという大掛かりな工事となってしまう場合あります。
企業や公共の場などでは、喫煙所が設けられていることもあります。個人の家でも喫煙のための部屋を一つ設けることができれば良いのですが、なかなか現実的には難しいでしょう。
そうなると、リビングなどで吸うケースも出てきます。煙は、目に見えないありとあらゆる場所に影響します。壁や天井、カーテンやソファといったファブリック、また窓ガラスやサッシなど拭いてみてびっくりするような所にまで知らず知らずのうちに黄ばみがついています。
カーテンやソファカバーなど洗えるものはまだ良いですが、ソファ本体や壁、天井などはそう簡単に掃除もできないので、ニオイや黄ばみがつかないような工夫が必要です。

■喫煙する際の対策
1つ目は日常的に部屋で吸わないことです。吸う時にはベランダや換気扇の下で吸うなど意識してみましょう。また、ベランダで吸う場合、隣の家の洗濯物にニオイがついてしまったり、下の階に灰が落ちてトラブルになる可能性があります。ベランダ喫煙を禁止しているマンションもあるので、注意しましょう。
2つ目は、空気清浄機を使うことです。空気清浄機は吸い込んだ空気をフィルターでろ過してくれます。ニオイの原因を吸着してくれるフィルターもあるので、ニオイに強い効果がある空気清浄機を購入するのも良いでしょう。
3つ目はこまめな掃除です。重曹などを用いて壁紙や天井を拭き掃除して黄ばみを緩和させます。日々掃除しておくことで壁紙全部張替えという深刻な事態を免れることも可能です。

様々な工夫をして上手にタバコと付き合いましょう。もちろん、健康を考えて喫煙は控えめにすることも大切ですね。

2017-03-04 13:22:20
「BELS」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。実は、2016年4月からスタートした建物の省エネ性能を評価する制度なのです。まだ新しい制度のため、馴染みのない方もたくさんいると思いますので今回はこの「BELS」についてご紹介します。



■「BELS」とは
省エネ性能表示制度「BELS」は建物の省エネ性能について第三者機関に評価してもらい、その評価をわかりやすく5段階の星マークなどで表示するというものです。
「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律」が国土交通省において制定されたことに伴って生まれた制度で、表示は義務ではなく任意となっています。
第三者機関の認証を取得した住宅は、広告などにBELSのマークを表示できることになっており、マークの内容を見ればその住宅の省エネ性能が客観的に分かるようになったのです。例えば、自動車を購入する際に「燃費」の性能を見て選ぶように、住宅の性能もこのBELSを基準に見れば今までより簡単に比べることができるというわけです。

■エネルギー削減率や断熱性能が分かる
具体的な表示内容は、星の数で表されています。星2つで省エネ基準に適合しているレベル、3つ以上ならそれよりも性能が高く、星1つだと基準より1割低いもの、となっています。
また設計段階でのエネルギー消費量が、省エネ基準より何%削減できているかが図で示されています。住宅で使われるのは電気や都市ガスなど加工された二次エネルギーですが、単位がバラバラなのでこれを一次エネルギーの消費量に換算して共通の単位で表示してあります。
建物の断熱性能にかかる表示もあり、「適合」と書かれていれば基準をクリアしていることが一目で分かるようになっています。

■環境に優しい家を手に入れよう
平成32年までに、戸建て住宅も含む全ての新築の建築物について、法令で定める省エネ基準への適合が段階的に義務化されていきます。この省エネ基準を満たさない場合、建築確認が下りないことになります。こうした省エネであることが前提とされていく建築物関連の法制度の変化に対応していくためにも、BELSについては、早い段階での積極的な活用・浸透が期待されています。
また、そうした時代の動きを先取りしつつ、公正に評価された省エネ性能を目玉として消費者にPRしていくという制度の利用方法も、これからの時代のメジャーになっていくことが期待されているのです。一方の消費者は、家を購入する際に、このような制度を上手に利用していきましょう。

2017-03-01 15:01:52
引越しの際や部屋の模様替えの際に、家具を動かしたらカーペットに家具の足跡がくっきり!
そんな時の対処法を知っておけば安心です。日常のお掃除でもワンポイントをおさえてクリーンなお部屋を保ちましょう。



■へこみにはドライヤー
1. タオルを濡らして軽く絞り、電子レンジで600w30秒程度加熱して、蒸しタオルにします。
2. カーペットのへこんだ部分に置いて、蒸らします。
3. 蒸しタオルを外し、ドライヤーの熱風を当てながら歯ブラシで、毛を起こすようにとかします。
4. 歯ブラシで毛が起きない場合は、不要になったヘアブラシなどで優しく、毛をおこすようにします。
5. 何度か繰り返します。

この方法ですと、カーペットを傷めることなく、へこみを解消できます。

■ アイロンは注意しながら
1. アイロンのスチームをへこみにあてます。
2. ブラシなどで、少しずつ毛を起こします。
3. 繰り返します。

こちらもドライヤー同様に、何度か丁寧にやることでへこみが解消します。
決して直接カーペットにアイロンを当てないようにしましょう。カーペットの素材によっては、かえって縮れてしまう場合があります。

■ カーペットのクリーニング
小さいラグ程度なら洗濯機でも洗えるかもしれませんが、さすがにカーペットは洗えませんよね。
そこで、重曹クリーニングをしてみましょう。

1. スプレーボトルに重曹小さじ1と水を8分目ほど入れ、蓋を閉めて良く振って混ぜます。
2. カーペットやラグにふきかけ、硬く絞った雑巾でふきとります。

直接、ふりかけるのもあり。

1. 重曹を直接カーペットにまきます。
2. お風呂用のブラシなどで全体によく揉み込みます。
3. 一晩、そのままにして翌日念入りに掃除機をかけます。

クリーニング業者さんに頼むより手軽にできますので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

1/1ページ