<< 2015年9月 >>
1
2
3
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
26
27
28
29
30

記事カテゴリー

前の月 月間アーカイブ:2015年9月  次の月

1/1ページ 

2015-09-25 08:56:01
先日、子供を連れて遊園地に行ったときのこと。

息子にせがまれ入ったお化け屋敷で
声がかれるほどの恐怖体験をしてしまいました。

怖さがマイルドだった昔のお化け屋敷と違い
最近話題になるお化け屋敷には、
専門のプロデューサーがついているとのこと。

造作などハード面の進化もあるとは思いますが、
それ以上にストーリー設定や見せ方など
ソフト面がしっかりしていて、思わず心が揺さぶられるのです。

「怖いものを見せる」「脅かす」など
お化け屋敷で、できることはある程度決まっています。
予算や安全上の都合などを考えると
工夫できる余地はそう多くないのが実情です。

予算や安全性などの制限があるからと諦めない。
できることで、他との差別化をはかる。

ここには大きな学びがあります。

ビジネスはとかく制限があるものですが、
その中でも変えていけることはあるはずです。
自分が扱う商品やサービスが、
競合との差がないと感じている人は
ぜひコンセプトで差がつけられないか考えてみてください。

市場が成熟し、競争がおこなわれ、機能や価格の差が少なくなってきている現代。
これまで軽視されがちだったコンセプトやストーリーが
むしろ差別化のカギになるのではないでしょうか。

ビジネスマン

2015-09-18 10:26:04
先日、友人と二人で食事に行きました。

店内は賑わっていましたが、それほど混雑しているわけでもない、
活気のある状態でした。

ところが、注文したものがいくら待っても出てきません。
催促しようとお店の人をつかまえようとした時に
私たちのテーブル付近を担当している人が、
他の従業員の人たちとは比べものにならないほど
忙しそうにしていることに気づきました。

一生懸命頑張っているのは見てとれるのですが、
どうにも間に合わず、声をかけられたことも忘れてしまっているようです。

ビジネスマン

2015-09-11 17:29:44
先日、子供を連れて山の斜面を利用して作られた
「フィールド・アーチェリー」の体験
に行ってきました。
アーチェリーは、西洋式の弓矢。
初心者用の10mという距離ならば意外に簡単で、
子供でも的を射ることができます。
1時間ほど練習してから山に入り、
いよいよ本番です。
ゴルフのように次々とコースをまわっていくうちに、
最初は気持ちよく当たっていた矢が、
だんだん当たらなくなってきました。
子供たちもまったく当たらなくなりました。
「疲れのせいかな」と思いつつ、
後ろからなにげなく子供が構えているのを見たその時。
当たらない原因がはっきりわかりました。
最初にインストラクターに習った基本の構え方がくずれ、
いつのまにか自己流になっていたのです。
時間が経つに従って、我流になってしまい、
その当然の結果として的に当たらなくなっていたというわけです。
成果が出ないのには、なんらかの原因があるはずです。
そんな時「景気が悪い」「市場が悪い」「製品が悪い」と
考えるのは楽だと思います。
しかしながら、原因を自分の変えようのないところに求めると、
次回も同じ結果になりやすいという研究結果もあります。
違った結果がほしいのであれば、自分の変えられる部分に改善点を探すのが有効。
そんな時こそ、基本をチェックしてみてはいかがでしょうか。

ビジネスマン

2015-09-04 15:13:13
いまだに世界中で大人気の「ザ・ビートルズ」
先日、彼らが初めてレコード会社と交わした契約書が
オークションに出て話題となりました。

その契約書の相手は、イギリスではなく、なんとドイツの会社でした。
ビートルズが売れない時代に修業したのは、ドイツだったそうです。

ポール自身も「ひどいバンドだった」と語る初期のビートルズは、
なかなか仕事にありつけませんでした。

そんな彼らが、なんとか仕事をもらえたのは
ドイツのハンブルグにあるクラブだったそうです。

言葉の通じない外国のしがないクラブでの演奏。
そこでの経験が、ビートルズの実力をパワーアップさせたことは
間違いありません。

そして、ドイツのレコード会社と初契約。
ドイツではあまり売れませんでしたが、
そのことがきっかけとなり、
ビートルズはイギリスで活動、その後はトントン拍子で世界的なグループになりました。

ポールはのちにこう語っています。

「はじめハンブルグのクラブで演奏を行った時は、誰もお客がいなかった。
ようやく1組の男女が入ってきたが、すぐに帰ろうとした。
だから、ぼくらは呼びかけて、必死に楽しませるようにがんばったんだ。」

こういった経験が、オーディエンスの心をつかみ
ファンを大切にする、ビートルズの基礎になったのではないでしょうか。

ここには2つの学びがあります。

1、あのビートルズでも最初は下手だった
2、全世界に向けてではなく目の前の1組のカップルに必死になった

最初は誰もがハンブルグのビートルズです。
上手くできなくても、評価されなくても
目の前の一人のために、一所懸命にやれることを探しましょう。

その積み重ねが、明日のビートルズになるのです。

ビジネスマン

1/1ページ