2016-06-01 16:34:01
負けを許容して強くなろう
今年ゴルフのメジャートーナメント、2016マスターズ最終日に、
信じられない出来事が起こりました。

2年連続勝利に王手をかけたかと思われたジョーダン・スピース(22歳、アメリカ)が、
12番パー3で「7」を叩いて自滅し、大会連覇を逃したのです。

悲劇的とも言える敗北を味わったスピースには、世界中からたくさんのエールが送られましたが、
その中にメジャー最多優勝を誇るレジェンド、ジャック・ニクラウス(76歳、アメリカ)のものがありました。

「いろいろな意味で、彼が今回負けたことは、後に大きく生きてくることだろう」

ニクラウス自身、まだ20歳でアマチュアだった頃、1960年の全米オープンで惜敗を喫していました。しかしそれが「よかった」と彼は言います。

「あの時負けたから、その後、もっとうまくなるために努力を続けてこられた。スピースのこの負けは、彼をもっと強くする」

ニクラウスはメジャーで18勝を挙げていますが、実は2位の経験が19回あります。

勝負事なので、勝ち負けは必ずどちらかがやってきます。
それでも精進を続ることができれば、
同じ数くらいの栄冠がやってくるということを
ニクラウスは教えてくれます。

日々の業務の中でも、無数に勝負や判断の場面はあるはずです。
うまくいかないことがあっても、それを受け止め、
さらに工夫を重ねれば、必ず勝利の時はやってきます。

負けを許容して、強くなりましょう!

ビジネスマン