2016-04-06 15:49:37
違うことは悪くない
デザイン関係の仕事にお馴染みの
色の関係をあらわしたものに、PCCS相環というものがあります。

赤、黄、緑、青の基本の4色とそれぞれの中間色を24分類したものです。
24色で、ちょうど円の形になるために、
その円形の相環図でご存知の方が多いかもしれません。

この相環図、隣り合っているものがもっとも近い関係で似ている色です。
遠くなればなるほど、色相対比は増し、当然対極にある色とは
もっとも強く反発しあいます。

つまり混じり合わない、ということです。

例えるならば、外見も性格も何もかもが正反対の人同士のようなもの。
お互いを意識してしまい、一緒にいても、
居心地が悪く、決して仲間になれません。

しかし反対の色は、
目立たせたいポイントカラーなどに使用すると
近い色にはない素晴らしいデザインになります。

色の個性を際立たせて作られているものに
子供が大好きな戦隊シリーズのキャラクターがあります。
その多くがこの基本4色に、白や黒、紫などを加えた5人組で構成されています。
その5人組の戦隊は、それぞれが別の特技を持ち、性別や容姿など、
個性が異なるわかりやすい構成になっています。


ビジネスシーンでも個性が違う人たちとの関わりは少なくありません。
自分とは違う考え方、感じ方、仕事の進め方。
「やりにくい」と感じたときには「色が違うんだ」と考えてみてください。

相手は似た色ではないかも知れませんが、
お互いを引き立てる、素晴らしい組み合わせになる可能性を持っています。
戦隊モノのように、補い合い、助け合うこともできるかも知れません。
違うことは決して悪くありません。

前向きに捉えてみませんか?

ビジネスマン