<< 2017年10月 >>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

記事カテゴリー

2015-10-09 09:21:25
慌てている時こそ周りを見よう
先日、よく行く大手のドラッグストアに行った時のことです。

いつもは、レジで並んでも会計は割合スムーズだったのですが、
店内が混雑しているわけでもないのに、
この日に限ってなかなか会計が進みませんでした。

そうしている間にどんどん列は長くなります。

見ると、4つあるレジは1つしか空いておらず、胸に研修のバッジをつけた女性が一人一所懸命に対応をしていました。

普段はレジが混んでくると、店員さんがレジの後ろにあるボタンを押します。すると応援のスタッフがレジに入ってくれる仕組みになっています。

ところが、研修中の女性は目の前のお客様に一生懸命になるあまり、応援ボタンを押すのに気づかなかったのです。

その時、私の前の穏やかそうな初老の男性が声をかけました。

「ボタンを押して」

レジの女性はそれでも気が付きません。

男性は、微笑みながらもう一度言いました。

「後ろのボタンを押して、レジの人を呼んで」

はっと、気がついたようにレジの女性はあわててボタンを押し、
ようやくいつものように他のスタッフがレジに集まってきて、
会計の列は一気に解消しました。

スタッフでなくとも、常連ならば誰もが知っているそのボタンの存在。

今回レジの女性は、お客様からやさしく教えてもらうことが出来ましたが、イライラした人に怒られてもおかしくないシーンでした。

一生懸命になるあまり、周りが見えなくなるというのはよくあることです。特に慌てている時には注意が必要です。

一点集中ではなく、周囲を見渡す。慌てている時こそ、思い出してみてください。

ビジネスマン