<< 2014年8月 >>
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
28
29
30
31

記事カテゴリー

月間アーカイブ
前の月 月間アーカイブ:2014年8月  次の月

1/1ページ 

2014-08-27 10:53:46
家を買う時、建てる時、大切なのが「間取り」
綿密にプランを考えたつもりでも、「なんだか住みにくい・・・」となってしまうことも

そうならないように、よくある失敗談をチェック☆

小さなお子様がおられる家庭や、これから子供を…と考えておられるご夫婦の場合、

「玄関から洗面所までの距離」は、大事なポイントです。

外遊びから帰ってきた子どもの足は、結構ドロドロ。
玄関から洗面所、またはシャワーがすぐあれば、さっと洗えてOKですが、

遠い場合、廊下やリビングなどに汚れた足跡が点々とついてしまうことに・・・

玄関から洗面所までの距離。
間取りを考える際に、チェックしてみてくださいね。

「間取りのこんなところで失敗した!」「間取りのココにこだわって正解だった!」
など、皆さんのご意見も、ぜひお聞かせくださいね☆


2014-08-20 10:46:20
家を建てる時や買う時に、住み心地の良し悪しに大きく影響するのが、設備と仕様です。

最新設備だったら便利なはず♪
なんて、思っていたら、あれれ・・・・?ということも。

使い勝手や性能をしっかりリサーチして、アイテムを選ぶことが大切です☆

たとえば「ベランダの物干し」

外から洗濯物が見えないように・・・ということで、低めに物干しが設定されていることもありますが

あまりに低いと、「何にも干せない!」ということも。

家族のシャツなど、よく干すもののサイズをしっかり測って選びましょうね。

最近では、洗濯物のサイズ等に合わせて、上下に移動できる物干し機能も登場しています。
他人に見られたくない時は高さを調整して外からの視線を遮り、シーツなど丈の長めのものを干したいときには、上に上げることができて便利です。

「設備や仕様で、こんな失敗をしちゃった!」
「ここにこだわって、成功した」

というご意見、ぜひお聞かせくださいね。


2014-08-13 10:45:26
あなたのお家の照明は、どんな光源を使っていますか?

住宅で使われる代表的な光源は、3種類。
白熱灯と蛍光灯、そして最近ではLEDも増えています。

白熱灯は、暖色系の柔らかい光。点灯が早く調光(明るさの調整)が可能なので、くつろぎを演出するリビングや寝室におススメ。

オン・オフが頻繁なトイレや廊下にも向いています。

広範囲を明るく照らす蛍光灯は、影が出にくいので、勉強部屋や仕事部屋などに最適です。

蛍光灯の中でも、青っぽい光の「昼白色」と、温かみのある「電球色」があり、電球色の方が落ち着いた雰囲気になります。

LEDは、高い省エネ性と長寿命がメリット。
価格は高めですが、ランニングコストは断然安くすみます。

部屋や好みに合わせて、照明を賢く選びたいですね☆


2014-08-06 10:44:05
オシャレなインテリアのお家は、照明にこだわっていることが多いですよね。

照明は、部屋を明るくするのはもちろん、
部分的な明かりを組み合わせることで、一つの部屋でもいろんなシーンを楽しめるようになります。

たとえば、リビング。
子どもと一緒に過ごすときは、全体照明で部屋を全体的に明るく。
夫婦だけで過ごす夜には、部分照明や間接照明で落ち着いた空間を演出する♪
なんていうのもステキですよね。

部分照明には、スタンドやスポットライト、ブラケットなどが活躍します。

次回は、照明の「光源の種類」についてお伝えしていきます。


1/1ページ