<< 2014年7月 >>
1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
31

記事カテゴリー

月間アーカイブ
前の月 月間アーカイブ:2014年7月  次の月

1/1ページ 

2014-07-30 10:43:17
「ちょっとうちに寄って、お茶でも飲んでいく?」と気軽に人が呼べる家って、素敵ですよね。
来客の予定が入るたび、「大急ぎで掃除しなきゃ~」と焦る生活は卒業!

いつでも人が呼べる家になるヒントを、お伝えしていきます。

第3回は「ついじっくり見ちゃう トイレ」

トイレは一人になれる空間。
つい、じっくりと観察しちゃいますよね・・・

隅々まで、自分が他人になった目線で、チェックしておきましょう。

ポイントは
☆タンクの上
☆便座
☆便器の下

ここが汚れていると、目についちゃいます。

まずは、便器の掃除をして、その後、便器周りの汚れもチェック。
タンクの上のほこりなど、目に入る場所を古布(雑巾??)で拭いてから、から拭きすればOK。

そして、忘れたくないのが、便器の下の尿の跳ね汚れ。
男の子がいる家庭では、特に念入りにお掃除しておきたいですね。

トイレットペーパーの補充をして、臭いのチェックもすれば完璧です♪

トイレはその家の個性が出る空間。
色使いや小物使いで、個性を演出するのもいいですね。

あなたは、トイレにどんな工夫をしていますか?
また、お友達の家などで、素敵だなと思ったトイレはありますか?

ぜひ、教えてくださいね。


2014-07-23 10:42:25
「ちょっとうちに寄って、お茶でも飲んでいく?」と気軽に人が呼べる家って、素敵ですよね。
来客の予定が入るたび、「大急ぎで掃除しなきゃ~」と焦る生活は卒業!

いつでも人が呼べる家になるヒントを、お伝えしていきます。

第2回は「生活感あふれる洗面所」

食事やお茶をする前に、「手を洗わせて~」と入る機会が多い洗面所。

歯ブラシや化粧品、ヘアケア製品などが散らかっていて、生活感が溢れていませんか?
生活感を払しょくし、清潔感を出すために、ハンドソープや洗濯洗剤などは容器を入れ替えるのがおススメ。

化粧品は、パッケージが美しいモノだけが見えるようにして、あとは見えないように収納しましょう。

来客前は、
☆鏡が美しいか
☆床がキレイか
☆タオルが新しいか

の3点を必ずチェック。

普段から、こまめに、洗面ボウルの汚れを掃除して、汚れをためないようにするのも大切です。

あなたは、洗面所にどんな工夫をしていますか?
また、お友達の家などで、素敵だなと思った洗面所はありますか?

ぜひ、教えてくださいね。


2014-07-16 10:41:35
「ちょっとうちに寄って、お茶でも飲んでいく?」と気軽に人が呼べる家って、素敵ですよね。
来客の予定が入るたび、「大急ぎで掃除しなきゃ~」と焦る生活は卒業!

いつでも人が呼べる家になるヒントを、お伝えしていきます。

第1回は「第一印象は玄関で決まる☆」

お客様を迎え入れる玄関は、家の印象を決める最初のポイント。

靴がずら~と並んでいて、どこに脱いだらいいかわからないのはNG
出しておく靴は、最低一足だけ。あとは靴箱に仕舞いましょう。

そして、においもポイント。
特に雨の日は、においがこもりがちなので、要注意です。
アロマオイルをたたきに数滴たらしたり、アロマスティックもおすすめ。

靴箱の上は、ごちゃごちゃしがちなので、小物を飾るなら、厳選した物だけにしましょうね。

あなたは、玄関にどんな工夫をしていますか?
また、お家に入った瞬間素敵だなと思った玄関はありますか?

ぜひ、教えてくださいね。


2014-07-09 10:39:46
梅雨のこの時期は、赤ちゃんが過ごすベッドや布団のダニやカビも気になりますよね。

空気清浄機の購入を考えておられる方も多いと思いますが、こまめに窓を開けて空気の入れ替えをすれば、空気は循環します。

梅雨の時期は、お部屋にカビが繁殖しないように、赤ちゃんが過ごす部屋での、洗濯物の部屋干しはなるべく避ける方が良いでしょう。

反対に、空気の乾燥が気になるときは、加湿器がなくてもコップ一杯の水を部屋に置いておいたり、
濡れたタオルをかけておくだけでも加湿になりますよ。

ダニ対策でおすすめなのが、布団を掃除機で吸うことです。
週に一回、50センチにつき10秒以上、掃除機で吸うと、ダニの濃度は10分の1になるそうですよ。

晴れた日には、お布団を干すことも忘れずに。


2014-07-02 10:38:11
赤ちゃんを迎えるパパ・ママにとって気になるのが、お家の中で赤ちゃんが過ごす「場所」づくりでしょう。

生まれたばかりの赤ちゃんは、一日の大半をベッドや布団の上で過ごします。
日当たり、風通し、温度、湿度、騒音・・・など
いろんな面からわが家を見直し、赤ちゃんが快適に過ごす場所を決めましょう。

赤ちゃんは、自律神経が未発達なので、体温調節がうまくできません。
これからの時期は、温度や湿度の調整も大切です。

夏場は、パパやママが「暑い」と感じるようなら、赤ちゃんに直接風が当たらないようにして、エアコン等で温度調節をしましょう。

住んでいる地域によっても異なるので、何がベストということは言えませんが、
パパやママの皮膚感覚を信じて、臨機応変に対応すれば大丈夫です。

汗をかいたら、こまめに肌着を取り換え、あせもができたら、室温を1℃下げたり、
衣服を一枚減らすなどの工夫をしていきましょう。


1/1ページ