<< 2014年11月 >>
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
27
28
29
30

記事カテゴリー

月間アーカイブ
前の月 月間アーカイブ:2014年11月  次の月

1/1ページ 

2014-11-26 16:41:19
家具と壁の間に少し隙間があるけれど、どうやって使おうか?
と悩んだことがあると思います。
隙間の両サイドが固定されたもの、壁や大きな家具であれば、
100円ショップで手に入る短いツッパリ棒2本で便利な収納
スペースができます。

100円ショップで突っ張り棒を2本買ってきます。隙間の幅に
合うように、事前に幅を測っておきます。

隙間の前と後ろの2箇所に突っ張り棒を設置し、その上に
物を置けるように板やアクリル板など、底板になるものを
置きます。
これでカンタン棚が出来ます。

目隠しをしたいときは手前にもう1本突っ張り棒をつけて、
お好みの布をかけてカーテンにします。

高さもカンタンに調節できるので、便利ですよ。
いろいろ応用してみてください。



2014-11-19 14:09:17
家の中にはいろんな家電があります。
当然、それらにはコードがあり、長さもあるので家具の裏で
ホコリまみれになってしまいがち。
なんとかすっきりコードを収納したい!

実は意外なものが役に立つんです。
100円ショップなどでも手に入る「アレ」を使ってコード類を
キレイに隠してしまいましょう。

使うものは「ファイルケース」少し厚みがあるものです。

ここに余っているコードを輪にして入れます。
両脇の隙間からコードは出せるので、接続自体に問題はなし。
これなら見た目もOKです。

お掃除のときは、このファイルケースをサッと拭くだけ。
コードもキレイなまま収納されています。
文具も意外な活用方法があるんですね。



2014-11-12 14:07:20
レースのカーテンの汚れは意外に目立つもの。
定期的に洗っておけば、シミなども防げそうです。

洗うときはフックなど外せるものは外します。
外せないときは、フックの部分を折りたたみ、ビニールひも
などでしばっておきます。

カーテンをプリーツたたみにしてネットに入れます。
洗濯機に入れてドライコースや手洗いコースのような、弱水流で洗います。

脱水は短めに。カーテンにしわがつかないようにするためです。
洗いあがったら、そのまま元のカーテンレールに吊って乾かします。

カーテンを洗っている間に、カーテンレールや窓のお掃除をしておくと
キレイになったレースのカーテンに汚れがつかなくてすみます。
よく晴れた日に洗うとすっきりきれいに乾いて気持ちがいいですよ。



2014-11-05 14:38:57
お気に入りのニットがようやく着れる季節になった!

と喜んでいたものの、いざ着ようとタンスの引き出しから出してみると
はっきりくっきりシワが!
これじゃ着られない!と、がっかりしたこともあるのではないでしょうか?

アイロンを出すのも面倒だし、かといって、このまま着るなんてムリ!
そんなときはシワになった洋服にスプレーで水を吹きかけます。

そのあとハンガーにかけて乾かすと、自然にシワが取れてきます。
これからの寒い時期は暖房が効いているので乾きやすいと思います。

目安時間は30分~1時間なので、
朝起きてから、出かけるまでの身支度の間に出来ます。


1/1ページ