<< 2020年10月 >>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

記事カテゴリー

月間アーカイブ
2016-01-14 09:55:50
子どもと探検遊びで街を知る
休日。
お出かけをねだるお子様を前に

「遊園地行く?お金かかるなぁ…」
「電車の移動は周りに気を使うし…」
「ショッピングモールは目が離せないし…」
「やっぱりお金かかるけど遊戯施設が楽なのかな〜」

お子さんとのお出かけにお困りではありませんか?




●お金をかけるだけがお出かけではない?!

ついつい お金をかけた場所で遊ばせないと
子どもとお出かけしたことにならないんじゃないかと
休みのたびにせっせと頑張っているお父さん、お母さん。

遊び方を変えてみると
いつもの場所もわくわくする遊び場になりますよ。

それは
大人たちも新たな発見があるかもしれません。



●行き先は子ども任せで冒険に行こう!

いつもは大人が行き先を決め、
移動手段を用意して
連れ出しているかもしれませんが、
今回ばかりはお役御免。

決定権は子どもに委ねましょう。


靴を履いて
家を出るところからスタート。

「さあ、玄関から先は、右ルート?左ルート?」



●いつもと違う道、いつもは通らない街へ

大人とのお出かけだと目的地ありになるところを、
ぐっと堪えて子どものペースに任せてみましょう。

普段は見過ごしていた場所に路地を発見するかもしれませんね
子どもは隙間が大好き。

路地を抜けると、まるで知らない街のようです。


車で通り過ぎるだけだった隣町も歩いてみると
知らないお店を発見するかもしれませんよ。

「こんなところにパン屋さんがあるんだー」
「ママと一緒にパン買って公園探そうか?」

「あ、ここのスーパー、安いかも!?
今度からお買い物に来よう」

右に曲がる道も
子どもが左に進めば左に。
探検の主役は子どもです。


途中で見つけた小さな公園も
初めての場所だとテンションあがるものです。

「遠くに出掛けなくても眺めがいい場所があったんだね〜」


帰り道も、また探検。

同じルートで復習するも良し、
別の道を迷いながら帰るのも楽しいものです。


●公共交通手段も加えれば乗りモノに乗る練習に

ご近所のお散歩ルートに慣れたら
公共交通手段を利用してみると行動範囲も広がります。

バスに乗って5つ先の停留所で降りてみる。
ちょっと街の雰囲気が変わってくるかもしれません。
お子様に
電車に乗りたいかな?と促してみるのも
行動範囲を広げるきっかけなりますよね。

探検という遊びを通じて
切符を買う、ホームを探してみる、電車やバスに乗る
なんて練習も体験できます。
普段、車で移動することが多いお子様にも
貴重な体験になるのではないでしょうか?


●大人の目線では気づかない発見がある

子ども主役の探検。

探検遊びを通じて楽しみながら子どもの主体性を伸し、
大人にとっても、ちょっとした旅行気分が味わえるかもしれません。

いつもの街がまたひとつ楽しくなってきますよ。