<< 2020年10月 >>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

記事カテゴリー

月間アーカイブ
2016-04-26 11:18:02
新居でママが「孤育て」にならないために
新居への引越し。家は新しくなって嬉しいんだけど、周りに知り合いがいなくて子育てが心配になることはありませんか?
周囲に頼る人がなく、ママが一人で抱え込んでしまう子育ての状況を「孤育て」なんて表現することもあるほど、身近に起こり得ることなんですね。

自治体やNPO団体含め、子どもと遊べる場所、ママをサポートする場所は色々と用意されていますが、目にする機会が少ないと気がつかず利用しそびれることも。どのような場所が用意されているのか見てみましょう。



新居への引越し。家は新しくなって嬉しいんだけど、周りに知り合いがいなくて子育てが心配になることはありませんか?
周囲に頼る人がなく、ママが一人で抱え込んでしまう子育ての状況を「孤育て」なんて表現することもあるほど、身近に起こり得ることなんですね。

自治体やNPO団体含め、子どもと遊べる場所、ママをサポートする場所は色々と用意されていますが、目にする機会が少ないと気がつかず利用しそびれることも。どのような場所が用意されているのか見てみましょう。

●自治体の子育て支援
都内は地域を問わず自治体による支援サイトが用意されています。
子育てサロンのようないつでも無料で誰でも利用できる場所を紹介してあるので覗いてみてはいかがでしょうか?

▼足立区
「子育て役立ち便利帳 わくわく子育て   子どもと一緒に出かけよう」
http://www.city.adachi.tokyo.jp/kosodate/dekakeyo/index.html
・子育てサロン
・児童館
・こそだて広場

▼葛飾区
かつしか子育てマップ
http://katsushika-kosodatemap.net/
・児童館
・こそだて広場

▼江戸川区
子育て応援サイト
https://www.city.edogawa.tokyo.jp/kosodate_ouen/index.html
・子育て広場
・イベント情報

自治体の支援は無料で利用できることが多く、また同じ学区内で知り合いを作りやすい点が大きいのではないでしょうか。

●NPOによる子育て支援
自治体の子育て支援センターは自宅から遠い。
地域に限定した交流は苦手。
民間ならではのイベントがあると嬉しい。
ママ同士の交流を図るようなイベントをうまく活用することで、「施設に遊びに行ったけど、ポツンとしてかえって孤独が深まった…」なんてことも防げそうです。

また、民間のファミリーサポートの輪も広がっています。リフレッシュのために利用することも気持ちに余裕を取り戻すために大切な時間ですよね。



練馬区「NPO法人あそびっこネットワーク」
http://asobikkonet.com/trainings/worker/

「NPO法人 はぐっと」
http://www.smile-port.jp/publics/index/9/

全国「送迎・託児の安心頼り合い AsMama「子育てシェア」」
http://asmama.jp/


●SNSなどで同じ悩みを共有できる場をみつける
おでかけ系ばかりはしんどい。
子連れで出かけるのは何かと大変。
初対面の場に入るのは気が重い。
集団が苦手…。

そんな時は
SNSやインターネットを通じて共通の悩みを相談できる場所をみつけることもひとつ。
「顔も見えない相手と交流するのは不安」という心配もある一方で
「他人だからこそ、身の回りのことを相談しやすい」メリットもあるようです。

料理やお菓子作り、ファッションやカフェ巡りなどの
ママの趣味を通じて仲良くなれれば
子育ても前向きな話が出てきそうですよね。

子どものためにママが我慢ばかりではストレスがたまって
かえって子どもや家族にも悪影響。
まずはママが楽になるためにも「孤育て」に陥らない
支援をうまく活用していくことも大切な子育てです。