<< 2020年12月 >>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

記事カテゴリー

月間アーカイブ
2016-04-10 11:08:25
家庭訪問にも慌てない!?スッキリした部屋を印象つけるコツ
家庭訪問、新しい子どものお友達、ご近所のママ。新しい出会いから何かと来客の機会も増えがち。「よかったらウチにも寄ってくださいね」なんて会話を交わすことも。いつでもお客様を呼べるようにスタンバイしておきたいのだけれど、常にキレイをキープするのは難しいし、せめて急な来客に対応できるスッキリと片付いて見せる秘訣があったら知りたい!


●お客様が通る場所をチェック

スッキリ見せたくても、何から手をつけたらいいのか分からなくて、ドタバタと慌てるばかりでお部屋の見た目はまったく変わらず…なんて経験がある方もいらっしゃるのでは?

「そりゃ、おうち全体をキレイに片付けることが理想だけど、今すぐは無理だから…」

なんて時には、効率よく「キレイ」に見せるポイントを押さえておくと安心できそうです。


まずはお客様が通る場所をチェックですよ。

・玄関
・廊下
・リビング
・洗面
・トイレ
などなど・・・

お客様が立ち寄らない場所は後回し。まずは目に付く場所だけ最優先です。


例えば
家庭訪問なら、玄関、廊下、リビング?客間?子ども部屋?でしょうか?
洗面やトイレは必要ないかもしれませんよね。

お子さんとママの親子連れの場合だと
玄関、廊下、リビング?ダイニング?洗面、トイレでしょうか。
親子連れは手を洗うことが多いので洗面まわりも気を配りたいところです。


●来客目線はカメラに収めると分かる?

お客様がどこをチェックするのか、自分の家を客観視することは難しいものです。そんな時は部屋の写真を撮ってみるといいでしょう。
「洗面所の隅の歯ブラシが目立つな、お客様が来た時は移動しておこうかな」
「リビングテーブルの上にチラシやペンにお菓子が散乱してるわ、元に戻しておこう」
「トイレの隅に埃が溜まってるな…」

写真を見た時に気になる場所は、お客さんからも目につきやすい場所といえます。
まずは、目につく場所を優先的に片付けると効率的です。



●スッキリ見せるヒントは「揃える」

「気になる場所は分かったけど、どうすればスッキリみえるの?」

まずは
・床に散乱したものを集める
・出しっ放しのモノは元に戻す
表に出ているモノが少なくなればスッキリ度は高まります。

「だけど全部のモノを収めるなんて難しい」

そんな時は「揃える」と良いでしょう。

・玄関の収まりきらない靴を隅に揃える
・下駄箱の上のモノを壁に寄せて揃える
・トイレのスリッパを揃える
・洗面台の歯ブラシを隅に寄せて揃える
・ダイニングテーブルの新聞やチラシを畳んで揃える
・テレビボードの雑貨を揃える

隅が揃う、位置が揃う、高さが揃う、色が揃う、

それだけでも
少しスッキリみえてくるハズです。


●換気と埃と曇り

あとは掃除もお忘れなく。
片付けたのに、モヤモヤ空間になっている時は掃除でスッキリすることがあります。

住んでいる人は気がつきにくく、来客が気になるのが「におい」。換気で空気を入れ替えるだけでも印象が変わります。

そして埃も意外と目につきやすいもの。
棚の上、テレビボード、トイレの手洗いボウル、ドアノブ、家具の下、部屋の隅など
意識して掃除しておくと良いでしょう。

スッキリの印象アップに効果的なのが、
光る場所を光らせること。
鏡の曇り、洗面台やトイレの蛇口の水アカ曇り、ドアノブの手垢…
簡単な汚れは湿ったタオルで擦った後に乾いたタオルで拭きあげるとキレイになります。


掃除も片付けも日々の積み重ねに勝るものはありませんが、「いつでも、どうぞ」と言える来客目線でのスッキリ見せるコツを抑えておくと安心ですね。