<< 2014年9月 >>
1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29

記事カテゴリー

月間アーカイブ
前の月 月間アーカイブ:2014年9月  次の月

1/1ページ 

2014-09-30 19:13:49
明日から10月。
秋になり、すっかり日差しは和らいできましたが、実は
秋でも真夏の40~70%程度の紫外線が降り注いでいると言われています。

女性の皆さん、ドキッとしますよね。
顔は、メイク下地やファンデーションのサンスクリーン効果が
あるから大丈夫、という方も、ボディーはどうでしょう?

夏の間はせっせと体も日焼け止めをしていた人でも、
日差しが弱まってくると手を抜きがちになるのでは?

これからは運動会や行楽のシーズン、外にいる時間も長くなります。
まだまだ薄着になることも多いので、うっかり日焼けにご用心。

とくに、首や肩、デコルテは、日焼けをするとシミや乾燥、シワなどのトラブルになりやすい
ので、しっかりと日焼け対策をしてお出かけくださいね。

2014-09-16 15:27:07
足の指の爪の両端の先端が内側に湾曲してしまう「巻き爪」。
ハイヒールを履く女性に多いと思いきや、実は、男女を問わず、10人に1人の割合で巻き爪に悩む人がいると言われています。

巻き爪になるのは、負担が多い足の親指が多いのですが、その他の指の爪も巻き爪になることがあります。
進行すると、肉の部分にまがった爪がどんどん食い込んで、激しい痛みを引き起こすことも。

巻き爪が気になると、つい、巻いている形を無くそうと、爪を短く切りがちですが、
これをすると、爪が皮膚に食い込んで陥入爪を引き起こすことになるのでNG!

深爪をしないようにするのが予防のポイント。
爪と皮膚が当たらないように、爪の先端が指の先端と同じくらいかやや長めまで伸ばすようにしましょう。
そして、爪の先端は丸くせず直角になるように切り、最後に角が引っかからないようになだらかに整えるのがコツです。

また、間違ったサイズの靴(小さすぎるのはもちろん、大きすぎるのもNG)や、長時間ハイヒールや先のとがった靴を履くのも避けましょう。

巻き爪が気になる時は、自己判断をせずに、皮膚科か整形外科、形成外科
または、「フットケア外来」のある病院で相談するのがベストです。


2014-09-09 15:26:27
秋になり、抜け毛が気になる・・・・という方はいらっしゃいませんか?

実は、季節によって抜け毛の数は変動し、夏の終わりから秋が一年中で一番抜け毛が多い季節なんですって。

紫外線の影響や夏の疲れ、季節の変わり目による体調の乱れやストレスなど様々な原因が考えられています。

抜け毛が気にあるあなたも、まだ大丈夫というあなたも。
今日からできるカンタンな抜け毛予防をチェック。

1.生活リズムを整えよう
髪の毛にとって質の良い睡眠はとっても大切。
毛根にある毛母細胞の細胞分裂は夜9時前後にピークになり、午後10時~午前2時ごろが最も成長すると言われています。できるだけ早めに寝ることを心がけましょう。

2.適度な運動を
適度な運動は筋肉の緊張を和らげ、頭皮への血流が良くなり髪に良いと言われています。無理のない程度で毎日続けられるようなウオーキングやストレッチがおススメです。

3.バランスの良い食事
髪の毛の成分に近い小魚や納豆、豆腐などのたんぱく質をしっかり摂るとGOODです。

髪の健康を守ることは、体の健康を守ることと同じなんですね☆


2014-09-02 15:25:23
東京マラソンや大阪マラソン、神戸マラソンなど
大都市を走るマラソン大会がぞくぞく開催され、マラソンやランニングに興味を持ったという方も多いのでは?

シューズさえあれば気軽に始められるランニングですが、どんな健康効果があるのでしょうか?

☆メタボ解消!ダイエット効果
有酸素運動のランニングは、糖質や脂肪をエネルギー源として燃焼させるため、脂肪燃焼に良いと言われています。

☆気持ちがリラックス&前向きに
ランニングはストレス解消にもなります。走り続けることで、リラックス効果が得られ、頭の中がクリアになると感じる人も多いようです。

☆肩こり&冷え性にも
有酸素運動を行うことで血流がよくなり、冷え性や肩こりの改善が期待できます。

☆お肌がつやつやに!?
血流が良くなると新陳代謝がよくなり、老廃物の排出がスムーズになります。ただし、紫外線を防ぐUVケアはしっかりと。

こんなにいろんな効果が期待できるランニング。
ぜひこの秋チャレンジしてみては?

初心者は、
「おしゃべりができる程度のスピードで」
「まずは一日15~30分を週三回」を目標に始めると良いそうですよ☆


1/1ページ