<< 2017年10月 >>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

記事カテゴリー

月間アーカイブ
2014-05-20 15:13:58
ビジネスマンの健康法☆食中毒にご注意!
細菌が原因となる食中毒は夏場(6月~8月)に多く発生しています。
原因となる細菌の代表的なものは、腸管出血性大腸菌 (O157、O111など)や
カンピロバクター、サルモネラ菌などです。

ジメジメ、梅雨の時期が来る前に、
食中毒予防「6つのポイント」をおさらいしておきましょう!

(1)食品の購入

消費期限などを確認し、生鮮食品は新鮮なものを選びましょう。
肉や魚などは、汁がもれないようビニール袋に入れて持ち帰るのもポイントです。

(2)家庭での保存

冷蔵庫は詰めすぎに注意しましょう。目安は容量の70%程度までです。

(3)下準備

・手洗いをこまめにしましょう。
帰宅後、生の肉や魚、卵などを取り扱った後、トイレの後などは必ず!

・肉や魚を切った後、洗わずにその包丁やまな板で、果物や野菜など
生で食べる食品や調理の終わった食品を切るのはNGです。

・冷凍食品は室温放置しないように。解凍は冷蔵庫や電子レンジで行いましょう。

(4) 調理

加熱は十分しましょう。目安は中心温度が85℃で1分間以上です。

(5)食事

温かく食べる料理は常に温かく(65度以上)、
冷して食べる料理は常に冷たく(10度以下)しておき、室温に長く放置しなようにしましょう。

(6)残った食品

食べ残さないのが基本ですが、残ったら小分けして冷蔵庫などに保存。
時間がたちすぎたら思い切って捨てましょう。
温め直すときも十分に加熱しましょう。