<< 2016年7月 >>
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
22
23
24
25
26
28
29
30
31

記事カテゴリー

前の月 月間アーカイブ:2016年7月  次の月

1/1ページ 

2016-07-27 14:58:29
先日、まだ肌寒さが残る北海道の山中で、両親におきざりにされた
小学二年生の子が1週間経ってから無事に保護されるという
事件が起こりました。

災害救助の目安は72時間。
三日を過ぎると無事に救出される割合が減ってしまいます。

日本中が男の子の安否を心配していた中、なんと男の子は、
一人で坂道を登り10kmもはなれた自衛隊の施設で寒さをしのいで
いたそうです。

大人の足でも2時間半もかかる距離を歩き、
よくそんな施設を見つけたと、
男の子のパワーと運の強さに驚いた人もいるのではないでしょうか。

誰もが子供の時期を経て、大人になります。
そして、大人になってしまうと子供の頃の感性やパワーを
忘れてしまいます。

今回のケースでは、「とても子供の足では、無理だろう」という
思い込みにより、発見が遅れてしまいました。

「○○なんてどうせ無理だ」「××なんてできるわけがない」
不可能と思われることは、実は大人の頭の中だけで
作り上げている物なのかもしれません。

ビジネスマン

2016-07-21 13:59:43
日本の女の子三人組のヘヴィメタバンド「ベイビー・メタル」をご存知ですか?
海外から火が付いたこのバンド。

白塗りのバックバンドが奏でる本格的なヘヴィメタサウンドで女の子三人が踊りながら歌う。
その強烈なビジュアルで大人気だそうです。
その「ベイビー・メタル」が流行らせたポーズに「キツネサイン」というものがあります。
中指と薬指と親指をくっつけるいわゆるお狐様のキツネサイン。

これが実は、勘違いから生まれた偶然の産物でした。

もともとヘヴィメタの世界では、「メロイック・サイン」と呼ばれるサインがあります。
中指、薬指を折り、そこに親指を添えるものです。
「ロックしようぜ!」というような意味の盛り上がるサインです。
ヘヴィメタを歌う彼女たちに、この「メロイック・サイン」を
要求したところ、
見よう見まねで間違ってキツネサインをしてしまい、
それが定着したというもの。

この偶然の産物キツネサインにより、彼女たちのステージには
お狐さまのセットまで登場し盛り上がっています。

ビジネスマン

2016-07-19 13:52:30
録音された自分の声を聞いて「恥ずかしい」と思ったことはありませんか?かなりの数の人がそう思うはずです。それには2つの理由があります。

1つには、頭蓋骨の生理機能。
私達が自分の声を聞くときは、骨伝導という実際よりも低い音で認識しているそうです。
そのために、録音された声は思っているよりも甲高く、軽薄に感じるのだそうです。

2つ目は、意識。私達は「自分が思う自分の姿」と「他人から見た自分の姿」のギャップに気がつきにくいものです。知らず知らずのうちにフィルターをかけ、実際よりよく感じていることもあります。

録音されたものを聞くということは客観的に自分を見つめることに近い状態。恥ずかしいかも知れませんが、新たな気づきもあるものです。

この機会に、良く使う営業トークを録音して聞いてみませんか?

セールストークに磨きをかけるのには、誰よりも厳しい
自分の耳はもってこい。
録音し直したりするうちにトークが上手くなる効果も期待できます。

ビジネスマン

2016-07-06 09:35:29
20世紀のヘビー級ボクシングの世界で、最も偉大で影響力のあった
チャンピオン「モハメド・アリ」が亡くなりました。

ボクシングが強かっただけでなく、黒人差別問題、ベトナム戦争など
社会的な問題にも敢然と戦いを挑む勇姿に、
勇気づけられた人は世界中に多くいました。

そのボクシングスタイルと同じように軽やかだった弁舌は、
多くの名言を産みました。
中でも一番有名なのは「蝶のように舞い、蜂のように刺す」ですが、
自身の信念について端的に言い表した名言があります。

「絶対にあきらめるな。今は耐えろ。そして残りの人生をチャンピオンとして生きろ」

というものです。
その無尽蔵とも思えるスタミナや軽やかなフットワークからは想像も
つかないことに、実はアリは練習嫌いだったそうです。

そのともすると折れてしまいそうな自分の気持を奮い立たせるために、
アリは自分にいつも「今は耐えろ!」と言い聞かせていました。

ビジネスシーンにおいても、逃げ出したくなったり、投げ出したくなったりする
場面はきっと少なくないはず。
そんな時には、短気を起こさず、このアリの言葉を
思い出してみてください。

頑張りの先には成功が待っています。

ビジネスマン

1/1ページ