2015-05-01 11:34:42
弁護士に学ぶ言わない戦略
先日弁護士の方にお話をうかがう機会がありました。

訴訟では、より多くの主張をしたほうがいいと思いませんか?

でも実際には事前に、
「主張するものと、しないものを決める」のが大切で、
「どの主張に重きをおき、どの主張を軽めにするか」
といった戦略も欠かせないのだそうです。

人の印象や判断は、情報量の多さには比例しません。
これは営業マンもぜひ知っておいてほしいことです。

自分がいいと思う商品やサービスだと
つい、あれこれとPRをしたくなるものです。

ここもいい、あそこもいい。

いいところをたくさん列挙すると焦点がぼやけ
逆に印象が下がってしまうというのは
心理学でも言われていることです。

どの部分に重きをおくか。
お客様にお話をする際には、事前にひと息いれて
考えてみるといいかも知れません。


ビジネスマン