2016-07-27 14:58:29
不可能と決めつけない
先日、まだ肌寒さが残る北海道の山中で、両親におきざりにされた
小学二年生の子が1週間経ってから無事に保護されるという
事件が起こりました。

災害救助の目安は72時間。
三日を過ぎると無事に救出される割合が減ってしまいます。

日本中が男の子の安否を心配していた中、なんと男の子は、
一人で坂道を登り10kmもはなれた自衛隊の施設で寒さをしのいで
いたそうです。

大人の足でも2時間半もかかる距離を歩き、
よくそんな施設を見つけたと、
男の子のパワーと運の強さに驚いた人もいるのではないでしょうか。

誰もが子供の時期を経て、大人になります。
そして、大人になってしまうと子供の頃の感性やパワーを
忘れてしまいます。

今回のケースでは、「とても子供の足では、無理だろう」という
思い込みにより、発見が遅れてしまいました。

「○○なんてどうせ無理だ」「××なんてできるわけがない」
不可能と思われることは、実は大人の頭の中だけで
作り上げている物なのかもしれません。

ビジネスマン
前の記事 次の記事