<< 2017年10月 >>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

記事カテゴリー

2016-06-22 10:31:50
状況に応じたイソップ的思考法
イソップ物語の作者、イソップの有名な逸話があります。

イソップが畑を耕していると、旅人がイソップに尋ねました。
「隣町までは何分くらいかかりますか」
イソップが答えます。
「そこから、向こうの木まで歩いてもらえますか」
旅人が再度尋ねました。
「いや、私は隣町までの時間を聞きたいのです」
「わかっています、ですから歩いてみてください」
旅人は不思議に思い、その場から歩き始めました。
ちょうど、向こうの木と言われた場所まで来ると、
イソップの大声が届きました。
「あなたの歩幅なら25分くらいでしょう」

イソップは、背が低く、普通の人よりも歩幅が狭かったそうです。
そのために、旅人の歩く速度や歩幅を見て、時間を割り出したということです。

人はともすると基準を自分においてしまい、他人の事情を
忘れてしまいがちです。
ビジネスシーンにおいても、プロダクトアウトを重視してしまい
マーケットインが疎かになってしまうケースは
多く見られます。

プロダクトアウトの考えは大事なものですが、
ニーズがますます多様化している昨今、
マーケットインの考えはさらに重要なものになってきています。

状況に応じて、ニーズに応えるイソップ的思考は
これから重要視されることは間違いがありません。

自分の周りの製品やサービスをもう一度マーケットインの
立場から見なおしてみましょう。

ビジネスマン