2015-07-17 17:10:35
大事だからこそ再確認したい携帯電話のリスク
最近では、誰もが携帯電話やスマートフォンを持ち歩き、
写真をどこでも撮影することができます。

言ってみれば、街を歩く人全員がカメラマン。
便利な世の中にはなりましたが、その裏にある危険も忘れてはいけません。

バイト中のふざけた写真、
有名人の個人情報流出、あってはならない記念撮影……etc

携帯写真が巻き起こす問題は、ニュースなどで多く見られます。

ほんの軽い気持ちだったかも知れませんが、
一度WEB上に載ってしまった情報は、
拡散されると消すのが難しくなります。

撮影自体に関するトラブルもあります。

何気なく撮影した写真に、情報漏えいになるようなものが
映りこんでしまった事例もあれば、
盗撮と誤解をされてしまった事例もあります。

先日、長いエスカレーターに乗って何気なくスマートフォンを
取り出した時のことです。

なぜか画面がカメラになっており、
慌てて消そうとしたら間違ってシャッターを押してしまいました。

すぐ前には女性の姿が……。

その時は何事も起こりませんでしたが、
その場で女性に振り向かれたらと思うと、
冷や汗がでて、ぞっとしてしまいました。

公共の場での携帯の取り扱いには注意が必要ですね。

営業マンにとって携帯は必需品。
仕事中に何度も使う大事なツールです。
だからこそ、注意やマナーが大切になります。

皆さん、大丈夫だとは思いますが、
折に触れ、チェックしてみてはいかがでしょうか。

ビジネスマン