<< 2019年7月 >>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

記事カテゴリー

月間アーカイブ
  • 2019年07月
  • 2019年06月
  • 2019年05月
  • 2019年04月
  • 2019年03月
  • 2019年02月
  • 2019年01月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年09月
  • 2018年08月
  • 2018年07月
  • 2018年06月
  • 2018年05月
  • 2018年04月
  • 2018年03月
  • 2018年02月
  • 2018年01月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年09月
  • 2017年08月
  • 2017年07月
  • 2017年06月
  • 2017年05月
  • 2017年04月
  • 2017年03月
  • 2017年02月
  • 2017年01月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年09月
  • 2016年08月
  • 2016年07月
  • 2016年06月
  • 2016年05月
  • 2016年04月
  • 2016年03月
  • 2016年02月
  • 2016年01月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年09月
  • 2015年08月(14)
2015-08-19 10:00:17
一体毎月いくら生活費にかかるの?
家庭を持っている人は、ほとんどの人が毎月家賃や食費、光熱費などを捻出しますよね。
毎月金額が決まっている家賃は節約しようがないのに対し、他の生活費はそれぞれの家庭の生活の仕方で大きく変わってくるかもしれません。

そこで今回は、家賃以外でどのくらいの生活費が毎月かかっているのか、アンケートを実施してみました。

【質問】
家賃を除く1世帯の生活費はどのくらい?(食費・光熱費・通信費など)
【回答数】
~15万:57
16万~20万:22
21万~25万:11
26万~30万:9
31万~35万:0
それ以上:1

■食費と光熱費は最も節約しやすい?
生活費は15万円以内と回答した人が最も多い結果となりました。

●夫婦2人暮らしで、節約しながら暮らしてるので15万円もいかないです。(30代/女性/専業主婦)

●平日は食費がかさまないように気を付けて買い物、料理をしています。休日はその分外食で息抜き。(30代/女性/パートアルバイト)

●食費、光熱費はなるべく節約しています。医療保険、生命保険、自動車保険などの保険料がもっと安くなればと思います。(20代/女性/専業主婦)

●かなり切り詰めて生活をしているので、大体12万円くらいに収まるよう頑張っている(30代/女性/専業主婦)

●食費30000円程度、光熱費25000円程度、通信費20000円程度(30代/女性/専業主婦)

15万以内と回答した人は専業主婦で夫の給料のみで生活している人が多いことがうかがえます。
また、食費には気をつけて生活し、光熱費と共に節約しているという意見が多く寄せられました。
日頃から気づいたらコンセントを抜く等、光熱費は節約しやすいですね。
そして食費は平日に節約を頑張る分、休日などに外食でリフレッシュという意見も寄せられたことから、バランスが大切なのかもしれません。



■子供にかかる費用が多い?保険の出費が大きい・・・
1位と大きく差は開きましたが、次いで多かったのが16万~20万円で22人の人が回答しました。

●食費は6万くらいかかる。光熱費と通信費は4万くらい。その他、子供の服を買ったり、交際費、レジャー費を含めると、18万くらいになってしまう。(40代/女性/専業主婦)

●割合として、子供にかかる費用(保育料など)や保険が大きく、光熱費や食費は節約できるためこの値段である。(40代/女性/専業主婦)

●2歳の子供を含む3人暮らしでこれくらい。一番大きいのは保険だと思います。学資でひーひー言ってます。(40代/女性/パートアルバイト)

●高校生の子供がいて学費と交通費も結構かかります。習い事や塾のお金もかかります。主人も息子もよく食べるし、光熱費も意外とかかります。(40代/女性/パートアルバイト)

●お金に困っていないので浪費しているので生活費が高くなりがちです(30代/男性/自営業(個人事業主))


どの意見にも共通して言えるのが、保険にかかる費用が大きいと感じている人が多いということのようです。
また、21万~25万円と回答した人は子供の習い事に捻出している割合が大きいことがうかがえました。
31万~35万円と回答した人はゼロでしたが、ごくわずかな少数派としてお金に不自由してなく、生活費を気にすることなく浪費しているというセレブな意見も寄せられました。



■夢見る憧れの一戸建てへの道・・・
アンケートの結果から半数以上の人が生活費は15万円以内ということがうかがえました。
しかし世代で見てみると、夫婦2人暮らしの20代30代が多く、だんだん子供も生まれ家族が増えてくる30代40代以降は16万~30万円の中で票が割れました。
そして、生活費に最も多くかかるとされるのが養育費と保険の費用と回答する人が多い結果となりました。
食費や光熱費を極力抑えて、一戸建てを買う!という夢を持つのも節約する「やる気」に繋がるかもしれませんね。

※アンケート実施概要
・調査地域:全国
・調査対象:【結婚】既婚
・調査期間:2015年07月08日~2015年07月22日
・有効回答数:100サンプル