<< 2019年7月 >>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

記事カテゴリー

月間アーカイブ
  • 2019年07月
  • 2019年06月
  • 2019年05月
  • 2019年04月
  • 2019年03月
  • 2019年02月
  • 2019年01月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年09月
  • 2018年08月
  • 2018年07月
  • 2018年06月
  • 2018年05月
  • 2018年04月
  • 2018年03月
  • 2018年02月
  • 2018年01月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年09月
  • 2017年08月
  • 2017年07月
  • 2017年06月
  • 2017年05月
  • 2017年04月
  • 2017年03月
  • 2017年02月
  • 2017年01月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年09月
  • 2016年08月
  • 2016年07月
  • 2016年06月
  • 2016年05月
  • 2016年04月
  • 2016年03月
  • 2016年02月
  • 2016年01月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年10月
  • 2015年09月
  • 2015年08月(14)
2015-08-19 09:53:45
どっちがいい?見せる収納vs隠す収納それぞれのメリットは?
マイホームに対するこだわりは何を重視するかでかなり違ってくるようです。
例えば、日常的に家の中で過ごすことが多い主婦の場合は、使い勝手をメインに考えることもあるでしょう。
また家の中にある様々なものをどう収納しようか迷うこともあるのではないでしょうか。
特に来客が多い家庭なら、訪れるお客様に家の中がどう見えるかは気になるポイントになるかもしれませんね。

そんな場合、収納を見えないように隠した方が良いのか、逆にあえて見せるようにした方が良いと考えるのかどちらの意見が多いのでしょうか?またそれぞれのメリットは?ということでアンケートをとってみました。

【質問】
見せる収納と隠す収納、どっちが好き?
【回答数】
見せる収納:20
隠す収納:80



■ごちゃごちゃしていない方が良い!見せるにはセンスも必要
アンケートの結果、「隠す収納」の方が良いという人の方が、圧倒的に多いようでした。

●見た目に何もない方がすっきりしていて好きなので、なるべく隠して収納したいです。(40代/女性/パートアルバイト)

●見せる収納は人から見るとゴチャゴチャしているようにも見えるから(30代/女性/専業主婦)

●見せる収納だと、物にほこりが積もりやすいから。隠していると、ほこりが積もっても、掃除が楽だから。(30代/女性/専業主婦)

●見せる収納は 常に整頓していないと台無しです。どんなに おしゃれな収納といっても、生活感が出てしまうような収納品もあるので 見せるものは限られる気がします。(40代/女性/専業主婦)

●見せる収納には、美的センスがいると思います。そのような才能はないので、好きと言うより、とりあえず隠せばいいので、必然的に隠す収納という選択になります(笑)(40代/男性/会社役員)

隠す収納の方が良いという人の場合、何もないすっきりした状態の方が好きという人やごちゃごちゃ見えることがあまりいいとは思わない様子が伺えます。
ただ好きかどうかは別として、見せる収納だと表に出ている分、ほこりが積もりやすいなどの現実が気がかりなこともあるように見受けられました。
さらにどう見せるかという点については、「センスがないと難しい」と感じることもあるようです。



■自分の空間が創造できてどこに何があるか分かりやすい「見せる収納」
一方で、「見せる収納」の方が良いという人も2割程度いらっしゃいました。

●室内に入った時に、見せる収納の方がオシャレですし、レイアウトも遊び心が出て楽しめるので。(20代/女性/パートアルバイト)

●どんなものでも配置や組み合わせ次第で空間を作り上げることが出来るからです。自分の創造性を発揮しているようで楽しいです。(20代/男性/会社員)

●どこに何があるのが、分かりやすい上に、収納できるので、必要な時に取り出しやすいからです。(20代/女性/パートアルバイト)

●見せるところがきれいに収納されていると、「この人はきちんと片付けられているな」という印象を持つのではないかと考える。
また、見えるところがきちんと収納されていると、必然的に、「見えないところも収納しているだろうな」とみられそうな気がするから。(40代/女性/専業主婦)


上手に出来れば「見せる収納」の方がパッと見た時におしゃれに見えるということがあるようです。
またレイアウトを考えながら、自分の空間を造るワクワク感を楽しんでいらっしゃる方も居るようです。
一方、生活上の現実的な面として、見えている方がどこに何があるのかの把握ができ、片付けもしやすいという意見も見られました。
上手に見せられれば、その方が生活はしやすそうですね。



■見せる?隠す?それぞれのメリットを活かしてセンスを発揮!

憧れの一戸建て…マイホームを手に入れたら、家の中をどのようにしようか夢も膨らみますよね。
そんな時、収納をどのようにするかで家の中の印象もかなり違ってきそうです。

今回のアンケートでは、「見えないように収納する方が良い」という人の方が多く、ほこりもかかりにくいため掃除がしやすいというメリットも挙げられていました。
また、「見せる収納」は美的センスが必要という理由で「隠す収納」を選んだ人がいましたが、逆に見せる収納をしたいと考える人は自分のセンスを活かせるのが楽しみなようでした。

さて、あなたはどちらが好みですか?
これを機に、自分好みの空間を演出しつつ生活しやすくなる収納にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

※アンケート実施概要
・調査地域:全国
・調査対象:年齢不問・男女
・調査期間:2015年07月08日~2015年07月22日
・有効回答数:100サンプル