<< 2017年11月 >>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

記事カテゴリー

月間アーカイブ
2014-07-01 15:03:26
ヘルシーライフのヒント☆口内炎
口の中にプチッとできる口内炎。
誰もが一度はなったことがあるのでは?

「口内炎」とは、ほおの内側や歯ぐきなどの口の中や、その周辺の粘膜に起こる炎症の総称です。

口内炎の原因は様々ですが、次の3つが主な原因と考えられています。

●疲労や免疫力の低下が原因と考えられる「アフタ性口内炎」

もっとも一般的なのが、「アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)」です。
原因ははっきりわかっていませんが、ストレスや疲れによる免疫力の低下、睡眠不足、栄養不足(ビタミンB2の欠乏)などが考えられています。
普通は10日~2週間ほどで自然に消滅してあとは残りません。
若い人に多くできる傾向があります。

●ウイルスや細菌の増殖が原因の「ウイルス性口内炎」

他にも、単純ヘルペスウイルスの感染が原因の「ヘルペス性口内炎(口唇へルペス)」や、カビ(真菌)の一種であるカンジダ菌の増殖が原因の「カンジダ性口内炎」などがあります。
ウイルス性口内炎に多くみられる多発性の口内炎は、口の粘膜に多くの小水疱が形成され、破れてびらんを生じることがあり、発熱や強い痛みを伴うことがあります 。

●物理的刺激によって起こる「カタル性口内炎」

入れ歯や矯正器具が接触したり、ほおの内側をかんでしまったりしたときの細菌の繁殖、熱湯や薬品の刺激などが原因で起こる口内炎です。

<口内炎を予防するには?>
ふだんから、暴飲暴食は避け、緑黄色野菜たっぷりのバランスのとれた食生活を心がけましょう。
ストレスや疲れをためないようにしましょう。

<口内炎になってしまったら?>
たっぷりと休息を取り、ビタミン剤(とくにビタミンB2)を活用して栄養バランスを整えましょう。
症状が口の中全体、または唇や口周辺にも広がっている場合や、発熱や全身倦怠感を伴う場合、症状が10日以上続く場合は、歯科または口腔外科、耳鼻咽喉科を受診しましょう。