1. home
  2. リノベーションコラム
  3. リノベーションコラム 詳細
<< 2020年8月 >>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

記事カテゴリー

月間アーカイブ
2017-04-30 11:03:03
ヨガ好きのためのリノベーション
ヨガは、習うだけでなく、自宅でも取り入れてこその魅力を存分に発揮できるもの。そのために必要な広さや、集中するための環境を整えることが出来れば、より一層楽しくなるはず。今回はヨガ好きな人のためのリノベーションをご紹介します。



■空間作りに和室
狭い日本の家では広いスペースを確保することも難しく、マットを敷いてみたけれども思うように集中できないという声もよく耳にします。広いヨガスペースは無理でも、普通の家でもっとヨガを楽しむために、まずは集中できる空間を作りましょう。
まず大切なのは、静かな環境であることです。そして自然を見ることができる窓があることでより練習に取り組めます。和室なら、窓から緑も見えてヨガをしながら季節の移ろいを楽しめます。さらに、畳はい草からできているので香りのリラックス効果もあり、ヨガにもとても良いとされています。


■片付けやすい部屋にしてみる
ヨガスタジオでは集中できるのに、家だとなんだか集中できない、そんなことあるのではないでしょうか。それは、ヨガスタジオのスッキリと何にもない空間が集中しやすいということもあります。ですから、まずヨガマットを敷けるスペースを作り、その周りに集中を妨げるものを置かないことが大切です。
収納力のある押し入れやクローゼットを作ることで、目についたものをすぐに片付けられるようにしましょう。
また、鏡はできる限り置かない方が効果的と言われています。鏡を見ることで、自分の体がどのような向き・姿勢をしているのか確認できる反面、ひとつひとつのポーズに対する意識が薄まってしまいます。本来ヨガは、体の内側に意識を向けて、エネルギーを循環させるもの。格好良くポーズを取りたいところなのですが、あえて鏡を見ずに、自分の体と向き合いましょう。


■専用の部屋を作るなら
もし専用のスペースを作れるのであれば、家事や雑音が気にならないように、非日常の空間作りを意識してみましょう。注意が散漫にならないように、テレビやパソコンなどを置くのはできるだけ控え、蛍光灯ではなく、間接照明を設置して明かりを調整できると良いです。また、窓が大きく自然光が入る部屋が好ましいです。窓が大きければ空気の通りが良くなり、ヨガの基本である呼吸をより意識することができます。
また、1年を通じてヨガをするためには背中や手足が冷えない対策が必要です。もちろん冬はマットを二重にしたり、暖房とブランケットでしのぐことはできますが、床暖房を設置すればより安心ですね。