1. home
  2. リノベーションコラム
  3. リノベーションコラム 詳細
<< 2020年10月 >>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

記事カテゴリー

月間アーカイブ
2017-04-22 10:14:14
キッチン近くのママスペースで毎日が楽しく充実
家事と育児を頑張るママが「ほっ」とできるスペース。それは「ママ専用のワークスペース」。子供を寝かしつけた後にホットココアを飲みながら、PCでネットサーフィンをしたり趣味や読書を楽しんだり。書斎までとは言わないけれど、リビングの端っこにそんなママ専用の場所があったら、毎日の疲れをリセットしてリラックスできるはずです。




■スペースを作ることが大切
自分専用のスペースを作っても、忙しくてなかなかそこにたどり着けないものです。あれやこれやと呼ばれては、またいつもの場所に戻るハメに。そこで、リビング、キッチン、サニタリー、いつもの場所の中に、すぐ用意できるちょっとした「簡単ママスペース」を作りましょう。狭くても良いので、ママ専用「定位置」を作ります。ちょっと動いては一息。また用事をこなした後は小休憩。
「あそこはママの一息つく場所」「今はママのリラックス時間」これがなんとなくでも少しずつ浸透すれば、家族も今頼まなくても良いこと、よく考えたら自分でできること、今まで特別考えなかった「ママ時間」に対し、それぞれの捉え方や感じ方にも違いが出てくるはずです。


■時間を作ることも重要
本や雑誌を読んだり、DVDや音楽を楽しんだり、友人となにげないメールのやりとりをしたり。バスタイムや眠る前、少しだけでも「ひとり」になれる時間が欲しいもの。独身の頃に楽しんでいたいろんなあれこれ、ママになったからってすべて我慢することはないですよね。お気に入りの曲をじっくりと目を閉じて聴いたり、タブレットで欲しかったものをネット検索したり、家族でお出かけした写真をのんびり眺めたり…。そんな一時が、驚くほどのリフレッシュタイムになったり、活力を与えてくれる時間になるはずです。
過ごしやすい季節はベランダにチェアを置くのもオススメ。それこそビーチチェアのようなものでもOK。ほんの何分でもガラガラとベランダに出て、ぼんやりしたり星空を眺めたり。同じ家の中でも、一瞬で手軽にひとり時間を持てます。


■リビングやキッチンに
リノベーションの際にも、このママのための空間を意識したいもの。独立した部屋が取れない場合でも、一番広いリビングの中や、キッチンの近くにワークスペースを取る工夫をしてみてはいかがでしょう。シンプルに部屋のコーナーに置かれたワークスペース。インテリアの一部としてなじむように、気を配りたいです。子供が遊んでいるのを見守れるのも嬉しいポイントです。
キッチン脇などに、造り付けのデスクをつけた一人空間、思い切って作ってみませんか。