1. home
  2. リノベーションコラム
  3. リノベーションコラム 詳細
<< 2020年8月 >>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

記事カテゴリー

月間アーカイブ
2017-04-16 10:12:58
リビング続きのウッドデッキ
晴れた日は、窓を開けてリビングとの一体感を楽しめるウッドデッキは、季節に応じて様々な用途に使えます。友人を呼んでバーベキューを楽しんだり、夏には子供の水遊び場としてビニールプールを出すという楽しみ方もあります。




■ウッドデッキとテラスって違うの?
ウッドデッキはテラスの一種と言えます。テラスとは庭の一部を地面よりも高くして舗装した部分のことですが、この床面を木で仕上げたものがウッドデッキです。またウッドデッキと濡れ縁はほぼ同じものと言えますが、濡れ縁というと和風の造り方をしますので、板の張り方や床の支え方など細かい部分を見るとだいぶ異なります。
テラスというと、ニュアンス的にタイルや石張りなどのハードな素材で仕上げられ、下足で出る場所という感じがします。一方ウッドデッキは屋内の床とほぼ同じ高さで、裸足で出られる場所という感じがあります。


■ウッドデッキの魅力
ウッドデッキの最大の魅力は、室内と外を繋ぎ、家族との絆も繋いでくれることです。ウッドデッキがあれば、お子様はのびのび遊ぶことができ、大人の方はプランター菜園などを楽しむことができます。同じ空間にいるだけで、自然と笑顔が溢れます。天気の良い日は、外でご飯を食べるのもおすすめです。家族はもちろん、仲のいい友達を集めてパーティーを楽しむこともできます。
また、その名の通り木材で作られるので優しさ溢れる空間にしてくれるのも魅力の一つと言えるでしょう。木にはリラックスできる効果もあるため、より一層気ままに過ごせるスペースになってくれます。


■材質について
ウッドデッキと言えば木でできたイメージがありますが、近年、天然木に加えて人工木でできたウッドデッキも普及し始めてきました。人工木は樹脂と木粉を混ぜて作った新たな材で、天然木よりも価格が安く耐久性が優れているという特徴があります。
もちろん天然の木材を用いた手作りのウッドデッキも健在です。年に一度くらい塗装をし直さなければならないなど、メンテナンスに若干の手間はかかりますが、好みの色の塗料を用いることができ、デザインにも自由度があるのが魅力です。塗装も業者さんに頼らずに、家族みんなで手がける年中イベントとして考えると、それもまた楽しいかもしれません。